KDDI Technology

株式会社KDDIテクノロジー

Nazori Mail Checker 製品情報

「なぞる」ことでメール誤送信を防止、重要情報の漏えいリスクを解消

Nazori Mail Checker

メールの宛先間違い、添付メール間違いなどのメール誤送信による情報漏えいのセキュリティ事故は、どんな企業にも起こりえるリスクです。そのため、個人情報や機密情報を扱う企業ではメール誤送信対策は必須と言えるでしょう。「Nazori Mail Checker」は、メール送信画面の重要情報(宛先・件名や添付ファイル)を「なぞる」ことで確認してメール誤送信を防止するアプリです。メールソフト(Outlook)にアドインとして組み込んで利用します。

製品説明 Overview

「なぞる」ことで重要情報を確認

多くのメール誤送信防止アプリは、宛先など注意喚起すべき箇所の色や大きさを変える目視によるものがほとんどですが、Nazori Mail Checkerは「なぞる」ことで目視に加えて指先で確認することができ、慣れや思い込みによる誤送信を防ぐことができます。
また「なぞる」だけでなく、第三者チェック機能、慣れ防止機能といった、さまざまな機能を搭載しています。

Nazori Mail Checker

アドレスを日本語表示して注意を喚起

JPドメインのアドレスやあらかじめ設定したアドレスは、「なぞる」ことで日本語に変換して表示されます。また、添付ファイルは設定によりファイル名を「なぞる」ことやファイルを開くことで内容を確認します。このように重要項目をすべて確認できると、送信ボタンがアクティブになり、メール送信が可能になります。

重要情報へ意識を向けるインタフェース

確認すべき重要情報の前面に矢印を表示し、重要情報と操作位置を一致させることで重要情報へ意識を向けるインタフェースとなっています。また、「なぞる」ことで確認すべき社外の宛先と、確認が必須ではない社内の宛先に分類して表示でき、送信しようとしているメールに社外の宛先が含まれていることをひと目で確認できます。

※使用例ポイント ■実際の画像になります。(クリックすると拡大します)
pdfからダウンロード

Nazori Mail Checker インターフェース
Nazori Mail Checker インターフェース
誤送信対策の実施管理が可能

Nazori Mail Checkerでは、操作履歴を残すことができるため、誤送信対策が実施されているかの管理や、監査時のログ情報として利用可能です。

社員の情報セキュリティに対する意識の向上・情報漏えいによる損害賠償の未然防止・企業としての信頼性の向上

実施例 Example

Nazori Mail Checker 実施例イメージ

KDDIグループ
「なぞり操作」を利用した電子メール誤送信防止ツールは、KDDIグループで現在約20,000台を超える業務用PCに導入しています。「なぞり操作」による電子メールの誤送信防止効果は非常に高く、電子メールの誤送信は大きく減少しました。

導入フロー Flow

  1. Step1 お問合せ Step1 お問合せ
  2. Step2 商品説明 Step2 商品説明
  3. Step3 お見積り提出 Step3 お見積り提出
  4. Step4 購入判断 Step4 購入判断
  5. Step5 購入 Step5 購入

動作環境 System requirements

OS Microsoft Windows7(SP1) / Microsoft Windows8.1 /Microsoft Windows10
対応メールソフト Microsoft Outlook2010(32bit版のみ) / 2013(32bit版 / 64bit版) / 2016(32bit版 / 64bit版)
フレームワーク Microsoft .NET Framework4 / 4.5

お問合せはこちらから